車の運転とDriver Model Bio-Motion Control Equation 運動方程式 車の運転のモデル化 Driving Examples 強US車両の挙動 運転行為/Weber則関連 バイモ研 弱US車両の挙動 車の運転の物理 Bio-Motion Equation の環境対応、具体的なパラメータ例 Human-Motion Control Model Skilled 逆モデルによるドライバーモデル
// //

戻る

弱US(弱いアンダーステア)車両の挙動

「弘法」に弱アンダーステアの車を運転してもらう




弱US(弱アンダーステア)車は限界時の挙動が安定していて運転し易い。


下のグラフは「弘法」の運転で全く同じ走り、同じカーブに同一速度で進入し同一横加速度パターンで旋回した、
弱US車3台、強US車2台の各車の前輪の操舵角を示す。

 下のアニメーションから分かるように、限界速度でカーブに進入した場合でも、修正操舵(逆ハン)は滑り出し直後からゆっくり始まり、ゆっくり戻る。 強US車の場合は旋回中の頑張っている時のいきなりのリバースステアで急激な修正操舵が要求されるが、弱US車のリバースステア時では、修正は滑り始めたらすぐ戻すと言う普通の感覚で、しかもゆっくりなので少し慣れれば、弱US(弱いアンダーステア)車両で横滑りしても運転に失敗することはない。

下のグラフは、時速215kmで300Rのカーブ進入時の車両の前輪の切り角の時間変位を示す。 横軸は時間(sec)、縦軸は切り角(度)。 弱US車両3台、強US車両2台の計5台分の車両の前輪の切り角を表している。 リヤのスタビライザーの強さを10%くらいづつ増加させてUSのレベルを弱くしている。
USが強くなると切り角を戻すときの勾配がきつくなっている。 すなわち、戻すタイミングが遅くなっていて、戻す量が多く、ステアリングの戻し速度が速くなっている。 

USが弱くなると切り角の勾配が緩くなっている。 戻すタイミングが早く、戻す量も少なく、ステアリング戻し速度も遅くなっている。 さらには、リヤスタビの強さが約10%づつ変わっている弱US車両3台のグラフが重なっており、USがある程度弱い状態では、リヤスタビの強さが変わっても、ステアリングの操作特性の変化が少ない。 
すなわち、弱USに設定されている車は、強USに設定されている車に比べて、積み荷、タイヤなどの変化に対して運動特性が安定していて、しかもゆっくりなハンドル操作で横滑りがコントロールできる。

弘法Driving Examplesで示すように強US(強いアンダーステア)車は挙動が不安定。 下図2枚を見比べながらその運転を見ると、強US車では横滑りが始まってもアンダー状態で切り増しの方向で未だ戻さない、その後しばらくして急激な修正操舵に入る。 運転を難しくしている原因の第一は修正操舵のタイミングがつかみにくい、そして第二には、大きく成長してしまっている横滑りに対処する非常に大きくて急速な修正操舵を要すること。
弱US車(弱いアンダーステア) 強US車(強いアンダーステア) 弘法のハンドル捌き


上のグラフはステアリングの切り具合を示したものだったが、下のグラフそのときの前輪及び後輪の横滑り角の変化を示す。 カーブ旋回中の弱US車両では、フロントおよびリヤともにタイヤの横滑り角が安定して緩やかに変化しているのに対して、強US車両ではリバース時はフロントの横滑り角が、Plow時はリヤの横滑角が急変している。強US車のフロントとリヤの横滑り角の交点がリバース点。 弱US車の横滑り角のデータが重なっていて、このグラフではリバース点が分からないが2.5秒前後のところでリバースしている。 リバース点については、4節目の 「Driving Examples 強US車両の挙動」のグラフ3-3を参照下さい。
弱US車(弱いアンダーステア) 強US車(強いアンダーステア) 横滑り角 弘法のハンドル捌き

 


なお、車両は、ばね及びアブソーバの特性を設定できる米国Mechanical Simulation社のCarSimで、今回はスタビライザーの設定を変更することによって、前後のロール剛性配分を変えてアンダーステアのレベルを調整した。



弱US(弱いアンダーステア)車の運転(215km/hで300Rに進入):

 素直な前輪の動きに注目、 滑り初めから素直にステアリングを切り戻せば良いことを示している  



しかし、いくら運転がし易いと言っても、進入速度には気を付けよう、全く同じ車でもこんなに差が。 



                                            車両はCarSim(Mechanical Simulation社)




参考: 弱US(弱いアンダーステア)車の限界走行時の挙動と思われる例
(最近のFRはオーバーステア時の運転が容易で、サスペンションは強いアンダーステア側にはセットされていないと注釈あり


This is a file from the Wikimedia Commons. File:Mercedes AMG CLS 55 - Demonstration of drifting 1b.jpg. From Wikipedia, the free encyclopedia Author: Raimond Spekking/Wikipedia.
 Contrary to popular opinion, modern rear-wheel-drive cars are much more user-friendly in regard to oversteer. Their suspension is not balanced heavily toward understeer,...


 スイフトに乗っていますが、この車のアンダーステアのレベルは、写真のベンツに代表されるように、誰でも限界まで走りきれる弱い設定になっているようで、日本車では珍しいと思います。

 一般的には、乗りやすくするにはリヤのアブソーバを少し高めに設定することです。 リヤの縮み側の減衰力を上げた場合の操舵角変化を上の逆ハンの前輪切れ角のグラフ上に重ねて表示すると、どの場合も表示よりさらに下側に移り穏やかな逆ハンの操舵角
変化となる。

弱US(弱いアンダーステア)車の限界走行時の挙動と思われる例

Top  Bio-motion運動方程式  ドライバモデル弘法  ドライブ例  テーマ  バイモ研 弱US車両の挙動  運転の物理 Bio-Motion 運動方程式使用方法

バイモ研